NLP リライト

『自分とのラポール』を目指します!

投稿日:

応援、お願いします!


ネットビジネスランキング

 

『ラポール』について学び、

大切な事柄に気づきました!

 

自分とのラポール

 

ラポール=信頼関係が築けた状態

変化や成功を望む時、自分とのラポールが重要です。

「今までの自分」 と 「未来の理想の自分」が

ラポール状態を作る。

 

「今までの自分」が賛同しなければ、

変化・成功に向けての行動を起こすことが出来ないのですが、

長年かけて築いてきた今の自分を変化させるのは

想像以上に大変なことだと思います。

 

冒険を避け、現状維持に力が働いてしまいます。

現状維持よりも、

変化によるメリットを求める力が

上回った時に初めて動き出し、

上回り続けた時に

目標に向かって行動を継続する事が出来ます。

 

「今までの自分」と「未来の理想の自分」が

WIN-WINの関係になる!

そのWIN-WINの関係を作ることができれば、

変化することが出来ます。

 

このWIN-WINの関係を作るのに必要なのは、

2者のラポール状態です。

ラポールに、有効なペーシングとキャリブレーション。

「今までの自分」と「未来の理想の自分」

『自分とのラポール』

私がやっているバレエの世界でも、

これがとても大切なのだと気づきました。

 

バレエは芸術なので、

「如何に美しく見せるか」

「如何にテクニックをつけていくか」

「如何に自分の身体をコントロールするか」が大切です。

私は生徒たちに身体の軸を教える際、

よく粘土をたとえに出します。

「円柱型の粘土を想像して! 

 円柱が太ければ太いほど軸は安定するよね? 

 でも、太いってことは縦に短いんだよ! 

 同じ体積でも、縦に長く伸びていくと円柱は細くなるよね

 細いのと太いの、どっちが綺麗?」

当然、細くて長い方が綺麗です。

 

バレエにおいては、

この細くて長い軸を引っ張り合って

軸を見つけていくのですが、

細くて長い美しい身体は不安定です。

 

多くのダンサーたちが安全な方、

つまり太くて短い軸を選択しています。

 

レッスン中では3回のうち2回は3回転が出来るけど、

「本番で失敗したら嫌だから、安全な2回転にしておこう」

こんな考えが過ぎる事も…

 

「綺麗に見せることが大切」

「結果ではなく、経過が重要」

「常に上を目指す!」

わかってはいても安全策に走ってしまい、

例えその場は「良かった~ 失敗しなかった」と思っても、

前回の舞台と何ら変わりのない結果。

 

後に写真や動画を見て、後悔の念に駆られるのです。

 

プリンシパル(バレエにおけるトップダンサー)たちは、

『自分とのラポール』という状態が

しっかりと築けているのだと思います。

 

現状よりも更なる美しさを求め、

レッスン時でも舞台上でも安全策に走らず

果敢に困難な方を選択していく事で、

身体のコントロールと心のコントロールを

自分のものにしているのです。

 

 

レッスン場ではプリンシパルに負けないくらい

伸びやかに踊る人たち(ソリスト級)もいますが、

本番の舞台上ではその実力を発揮しない。

 

これは自分とのラポールを築くことができていない結果、

安全な現状を選択しているのでしょう。

 

プリンシパルとソリストの違い…

それは、『自分とのラポール』が

築けているか否かの違いなのかもしれません。

 

現状の今から成功に向かう変化の土台はキャリブレーション。

自分が自分にペーシング⇒ラポール⇒リーディング⇒

そして・・・成功へ。

 

NLPを学び始め、いろいろな事に気づかされています。

『自分とのラポール』

これは、ぜひ生徒たちにも伝えていきたい内容です。

NLPとの出会いはここからでした!

  ↓  ↓  ↓

http://bit.ly/2Km7Oew

 

ポチ、お願~い!


ネットビジネスランキング

  • この記事を書いた人

あき

生涯現役を目指すバレエ講師の私が、ネットビジネスをゼロスタートしました! 数々の逆境を乗り越え、常に新しい事に挑戦してきましたが、ネットで副業を始めるなんて、自分でも驚いています。 人生一度きり! いろんな事にチャレンジします! 応援、よろしくお願いします。

-NLP, リライト

Copyright© 『有希&羽奈』母娘ブログ , 2018 All Rights Reserved.